ローンが残っている車を売る方法

ローンが残っている車を売る方法は、その名義が誰になっているかによって異なります。

 
銀行などから借り入れを行っている場合、車の名義は自分か家族のものになっています。この場合は何の制限もなく車を売ることができます。

 
一方、カーディーラーが提携している貸金業者などから借り入れを行っている場合、返済が終わるまでは車の名義はその貸金業者になっています。この場合、車を使用することはできても無断で売ることはできません。このようなときに車を売るには条件があります。

 
まず、車の下取り業者などに査定してもらい、売却額が借り入れの残高を上回っている場合、貸金業者は車を売ることを承諾してくれます。

 
売却額が残高を下回っている場合は2通りの対応があります。1つ目の対応として、売却した際に不足する残高を現金一括払いで返済します。もう1つの対応として、その貸金業者と新規の契約を行い、不足分の支払いに充てます。後者の方法の場合、契約の前に審査が行われます。そのため、これまでに返済の遅延を起こしていたり、他社からも借り入れがあり、残高が多いなどの状況では断られる可能性もあるため注意が必要です。また、借り入れは継続してしまうため、1円でも高く引き取ってくれる業者を探すようにします。

コメントは受け付けていません。