オークションでの取引で気をつけるべきこと

オークションでは高く売ることができますし安く購入できるメリットがありますが、同時にリスクを背負うことになるため正しく車両を見極めることが大切です。

 

取引の中では会場スタッフが車両のコンディションを確認し、評価点として出品票に記載しています。応札する場合には評価点を基準に選ぶことになりますが、査定を行う会場スタッフが見落としている場合もありますし、故障やトラブルを一時的な処置をしただけの車両が出品される場合があります。正常な状態の車両であれば特に問題はありませんが、このような処置を行った車両は落札後にトラブルが出てくるケースがあります。規約により一定期間にクレームを申し出ることが可能ですが、クレーム処理は簡単ではないため泣き寝入りしてしまうのが普通です。

 

また代行業者としても専門家のプライドがあるため、トラブルが発覚しても申し出ないケースがあります。落札した場合には落札者側で修復費用を負担しなければならないため、確実な見極めを行うことが注意点となってきます。安く購入できると思われがちですが、実際には代行業者に支払う手数料が掛かりますし、もちろん会場に支払う手数料もあります。落札した車の陸送費も掛かりますので、それほど安くはならないのが現実だと言えます。

コメントは受け付けていません。